忍者ブログ

晴雲秋月の話

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

野菜ソムリエ、食育マイスター、アスリートフードマイスター、カレーマイスター、パンアドバイザー・・これ、全部日本野菜ソムリエ協会が開いている講座で取得できる資格です。他に、食品偽装防止検定とロハス検定も受けられます。ロハス検定ってすごいな。。現代画報に野菜ソムリエの記事が載っていたので、ちょっと調べてみたのですが、ソムリエとかマイスターとか、聞き馴染みのある言葉だけど、一般人の生活感覚からするといささか違和感がありますね。横文字だからなのか、商売気を感じるからなのか。。野菜ソムリエには、青果の知識だけでなく青果の素晴らしさを相手に伝えるためのコミュニケーション能力も求められるそうです。それこそ、ワインのソムリエをイメージしたら分かりやすいですね。例えば、この人参はこういう調理法で他の野菜との組み合わせはこうで・・という感じでしょうか。気になるのは、資格をどう生かすのかというところです。飲食業を生業としている人なら、仕事に直結させることができるでしょう。一部の人は、講演会を開いたり起業したり、野菜ソムリエの資格をしっかり生かしてます。普通の主婦なら、毎日の食卓にフィードバック・・気擦燭蝓▲曄璽爛僉璽謄・爾覆鵑・・い突・・帽④瓩襪箸・・い困譴砲擦茵∋箸辰謄淵鵐椶涼亮院C里蕕困某・戮襪茲蠱里辰匿・戮茲Δ辰討海箸任垢諭・・・・・・
発刊が楽しみな報道通信社の報道ニッポンへの思い
現代画報の美食探訪を読んで

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]